宮地嶽神社(みやじだけじんじゃ)

メニューを開く
宮地嶽神社_古墳
2015年11月27日

宮地嶽神社の奥宮である不動神社は、横穴式石室を有する巨石古墳が社になっています。古墳からは大太刀や刀装具、馬具類、緑に輝く瑠璃壺や瑠璃玉、そしてガラス板などが発見され、そのうち20点もの品々が国宝に指定されています。横穴式石室といえば、蘇我氏のものとされる奈良の石舞台古墳が有名ですね。それよりも大きな横穴式石室がなぜここにあるのかを考えるととてもロマンがあります。そして歴史の謎はともかく、古墳の中での祭祀はとても幻想的です。

Miyajidake Jinja has, besides the main shrine, 8 back shrines. One of them is Fudo Jinja. A huge tumulus that is supposed to have been built in 6th century is used as the shrine building as-is. The gigantic tumulus stone chamber of 23 m long is made with stones larger than 5 m long and wide for each. Discovered in the tumulus were, harnesses, sword accessories, lazuline balls that shine green, glass plates and such of about 300 items. 20 of them are designated as National Treasures.